ネットワークの種類 | webのセキュリティを強化するためにソフトを導入する

ネットワークの種類

ネットワークセキュリティというのは、情報資産を保護する対策のことです。
情報を安全に運用するために大切なモノで、実際にクラッキングを防止することやデータの不正持出しを防止するという働きがあります。
ネットワークは、主にオープンネットワークとクローズネットワークに分けることができます。
ネットワークセキュリティは、主にオープンネットワークを対象としていますが、クローズネットワークにも対策を行うことが必要です。
オープンネットワークとは、インターネットや外部のネットワークと接続している状態のことをいいます。
外部のネットワークと接続していることにより、様々な情報が危険にさらされる可能性があります。
クローズネットワークとは、ネットワークに接続していないもので、物理的にもLANケーブルと接続していないことや完全に外部からの接続がないものを言います。
クローズネットワークは、外部にさらされることがないので、安全性が高いものです。
しかし、ネットワークセキュリティを行う上で、内部からのデータ流出も想定の上で情報を管理していく必要があります。

ネットワークセキュリティでは、様々な対策を取られています。ネットワークセキュリティは基本的に外部からの対策を行うものです。
しかし、クローズネットワークについても対策を行うことが必要です。
クローズネットワークは、基本的にとても安全性の高いものとして知られています。
現在行われているセキュリティ対策としては、適切なアクセス権限の付与です。
特定の人しかアクセスできないようにして、情報が持ち出されることを防ぎます。
また、USB等の利用を禁止し、外部のメディアに情報を入れられないようにしていきます。