不正アクセス防止 | webのセキュリティを強化するためにソフトを導入する

不正アクセス防止

ネットワークセキュリティの面で、主に対策を立てることが必要になるのがオープンネットワークになります。
オープンネットワークの場合、外部の不正アクセスから守ることが最重要となります。
不正アクセスが行われると、情報流出に繋がる他、データを勝手に改ざんされるというような事になりかねません。
外部からのウィルス攻撃で、ネットワークがダウンしてしまうこともあります。
外部からの不正アクセス防止のためには、クローズネットワークで行ったようなアクセス権限の付与やUSB等の外部の記録媒体以外にも、策を講じる必要があります。
多くの会社がネットワークセキュリティとして使用しているものがファイアウォールです。
ファイアウォールとは、外部ネットワークから社内ネットワークへの不正アクセスを防止するシステムで、ルータ等に装備されています。
ファイアウォールの場合、通信許可された設定がない限り、外部からのパケットを着信することができないという仕組みになっています。

ネットワークセキュリティとして、侵入検知システムというシステムを導入する方法があります。
侵入検知システムはIDSとも言われます。
基本的にネットワークセキュリティを構築するに辺り、ファイアウォールと侵入検知システムを両方導入することが多いです。
ファイアウォールの前にトラフィックを監視しているのが、侵入検知システムです。
侵入検知システムでは、不正アクセスと思われるパケットを検知するとネットワーク管理者に通知を行います。
侵入検知の通内があると、ファイアウォールのフィルタリングを強化して攻撃に備えることができます。
侵入検知システムは、シグネチャと呼ばれる攻撃パターンをデータベス化したものから、トラフィックが不正かそうでないかの判断を行います。
ネットワークセキュリティでは、ファイアウォールと侵入検知システムを利用することが重要になります。