必要な機能 | webのセキュリティを強化するためにソフトを導入する

必要な機能

ネットワークセキュリティを構築する上で、IPSも非常に重要な役割を果たします。
IPSとは、侵入防止システムのことをいいます。
シグネチャを参照し、不正アクセスに該当すると判断されたパケットを破棄することや、セッションを切断するという働きをします。
侵入を検知した際に、IPSは防衛を開始していきます。
すぐに防衛を始めることから、多くの負担を減らすことができるので、ネットワークセキュリティでも重要な役割を果たしていきます。
企業内でネットワークセキュリティを構築する場合、ファイアウォールの導入やIDS、IPSを導入していきます。
外部からの情報が多いところでは、回線トラフィックを負荷分散させていく機器を導入するというケースも多々有ります。
トラフィックを負荷分散させていくことにより、機器に対する負担が減り様々なトラフィックをスムーズに対応することができます。

ネットワークセキュリティでは、基本的に従来のファイアウォールやIDSやIPSで防ぐことができないものもあります。
webアプリケーションの保護に特化したものとして、WAFというものがあります。
WAFは、webアプリケーションと、アプリケーションが保持しているデータを守ることを特化したものをいいます。
最近のネットワークセキュリティでは、ファイアウォールやIPS、IDS以外にもWAFを導入することが必要とされています。
現在のネットワークセキュリティでは常設されていることも多く、特に情報を公開するネットワークでは必要な事と言われています。